村山せいきの活動ブログ

Seiki Murayama Official Web Site

京都党北区支部長 村山せいきの活動報告ブログ

トップページ > 村山せいき活動ブログ

2015年04月13日 挑戦し続けるしかない

0987.jpg

たくさんの方にお世話になり、支えられ、4年間を過ごし、戦うことができました。

しかし過程はどうあれ、その間に何をしたかはどうあれ、私の力不足でした。何も言い訳することはありません。本当に申し訳ございませんでした。心の底からお詫び申し上げます。

ただ怒られるかもしれませんが、反省も課題も山程ありますし、これから修正しますが、これは失敗ではありません。政治家としては、失敗かもしれませんが、村山征希の人生の中では失敗ではありません。
これから先、一度リセットし、色々後処理をしながら、地域のため、社会のために何ができるかを、もう一度考えて活動再開したいと思います。

ご心配をおかけしてる皆様、村山は今日も元気です。

今後共、懲りずにお付き合い下さいますよう、宜しくお願いします。

村山征希

このページのトップへ

2015年04月10日 四条通りの拡幅問題について

1332Q.jpg

今、新聞等でも騒がれております四条通りの拡幅問題について代表の演説より。
映像はこちら

このページのトップへ

2015年04月08日 個人演説会日程

FullSizeRender.jpg

残り4日です。
現在、決まっている個人演説会の日程をアップ致します(追加あります)
是非、村山の話を、京都党のビジョンを、聞いて頂けたらと思います。

4月8日(水)20時~ 鳳徳会館 地図はこちら

4月9日(木)19時30分~ 鷹峯天理教恭仁分教会

このページのトップへ

2015年04月05日 いざ、出陣!!

0o9.jpg


ついに選挙が始まりました。とにかく走り切ります。

昨日行われました出陣式でのご挨拶を動画アップしております。こちら

このページのトップへ

2015年04月03日 まもなく

20110507_4dc5094947813.jpg

2時間後にははじまります。

この4年間、色々な方に支えられてここまでやってこれました。

写真は4年前、坊主になった村山の写真です。

では、いってまいります。

このページのトップへ

2015年04月02日 騒がしい政治活動

oki89.jpg


最近よく怒られる。
特に多いのは、朝の街頭演説。
うるさいからやめて、というご意見。

北区における朝の街頭は超激戦である。

同じ交差点で時間をズラして4人程交代でやっている時もある。

うるさいから、やめてほしい。
正直ごもっともだし、そこに反論の余地はない。

マイクで音量を調節したり、もちろん住宅街のど真ん中ではやらないし、
だいぶ気を付けてはいる。しかし、北区は基本的に住宅街のため、
どこでやっても住宅にマイクの音が届くことは避けられない。

一方で、当選するためには、気にせずどんどんやらなきゃダメ!!
なんでもかんでも気にしてたらダメ!!とも言って頂くことも多い。

両方を極端に書いているのではなく、これは本当によくある話。

確かに政治家は市民のため、市民のためと言いながら、
大きな宣伝カーをガンガン鳴らして、車を走らす。

正直、これを聞いて喜ぶのはほんの少しの支持者を除いて、
ほとんどの人には迷惑に違いない。

政治家は自分のために、自分の党の為に、ガンガン音量を上げて、
車を走らせる。

昔から分かっていたことではあるが、これはやはりおかしい。

どこまでいっても市民目線であるはずがない。

面白いトークが聞ければ、美しい旋律の音楽が流れるならまだしも。。。

耳を傾けないければいけないのは、
そこに住んでる、住民のみなさまなはずだ。

日本の選挙法はたしかに時代錯誤だ。
おかしいと思うことは山ほどある。
新人が遠慮などしていては、現職に勝つことなどできないことも分かっている。

それでも、少数であっても、多数派であっても、本当に困っている方に
耳を傾けられないのであれば、自分に嘘をつくことになる。

答えはまだ見つかっていないが、
明日に告示を迎える決戦も、この問題について考えながら、もちろん戦う。

もちろん勝つことが第一だ。
そして、不快にさせない方法を最大限考えて活動する。

このページのトップへ

2015年03月28日 地域政党サミット

MG_2754-700x466.jpg


地域政党は地域に根差す政党です。そして既存の国政政党とは違う、色々な制約があります。

逆にそれが、市民のみなさまに寄り添って政治を行うポイントでもあります。

ただし、国政政党と比較した時に、活動における厳しさや選挙において厳しい面があるのも事実です。

この度、地域政党サミット(地域政党連絡協議会)という連携組織が立ち上がりました。

国会議員にならなければ、結局は地方も変えることができないと言われてきました。
確かに権限も財源も未だ中央が中心です。
まだまだ国からトップダウンの方がスピードは速いかもしれません。
しかし、それでは抜本的な大きな改革は出来なかったのです。

地方から国を変えることは難しいと言われてきましたが、

人口減少社会において、地方に多くの課題が山積する中で、地方を再び盛り上げる動きが活発になっています。

中央にいかなければ変わらない、のではなく、

地方の声を大きくすることで、中央が変わらざるをえない状態に持っていく。

長い道のりですが、それが日本全体にとって、より良い方向に向かうと信じて、活動をしています。


地域政党サミットについての記事です。

[Japan In-depth 編集部]【統一地方選迫る!地域政党連携加速】~全国の6団体がサミット結成~

このページのトップへ